デスノート 作者、原作 小畑 健 【デスノート 作者】


デスノート 作者
。小畑 健。

1985年、第30回手塚賞準入選。漫画家にわのまことの下でアシスタント経験を積んだ後(当時からにわのまことより「若いのに絵がムチャクチャうまい」と絶賛されている)、1989年に「週刊少年ジャンプ」連載のギャグ漫画『CYBORGじいちゃんG』でデビュー(当時は土方茂(ひじかた しげる)と名乗っていた)。以降もジャンプ系漫画雑誌を中心に作品を発表する。しかしながらもヒット作に恵まれず、長くマイナー作家の地位に留まる時期が続いた。『ヒカルの碁』の作画で注目されるようになり、続く『デスノート』でその人気を確固たるものとした。


デスノート(death note)完全攻略!デスノート(death note)のすべてTOPへ



デスノート 作者、原作 【デスノート 作者】


デスノート 作者
、原作者紹介。


デスノート
原作:大場つぐみ小畑健

大場つぐみ(おおば つぐみ)は漫画原作者。 本名、及び詳細なプロフィールは不明。東京都出身。血液型B型。好きなテレビドラマは『牡丹と薔薇』。

週刊少年ジャンプに掲載されていた人気漫画『デスノート』の原作者。集英社の公式発表では新人漫画家とされ、同作品が処女作と思われる。

しかし、過去少なくとも大場つぐみ名義では、ジャンプの新人賞はおろか他社での活動実績もなく、更に『デスノート』におけるあまりに高いストーリー構成力から、新人作家である事に疑念を抱く者も多く、後述の様に「実際の所は名の知られたベテラン作家の偽名である」等、真偽不明のまま今日に至るまで様々な憶測が持たれている。


デスノート(death note)完全攻略!デスノート(death note)のすべてTOPへ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。